どこにでもいる或る男の日常

”何者でもない、だから何者にでもなれる”

人からお洒落と言われる方法

f:id:tomonori_blog:20210115003040j:plain

こんにちは。とものりと申します。

モテたい!
これは男性の大半が抱える永遠の課題です。
モテるためにはお洒落である必要はあるのでしょうか。
今回は、服は好きだけどモテない僕がオシャレについて書きたいと思います。

服が好きだとモテません

僕は服が好きです。
一方で、自分のことをお洒落だともセンスがあるとも一切思っておりません。

さて、見出しについてですが、半分正解・半分間違いといったところでしょうか。
モテるのに必要なのは、より多くの女性にウケる服を着ることが大切です!
シンプルで清潔感のある服装、このご時世「女子ウケ」でちょっとググればたくさん出てきます。

しかし、必ずしも「お洒落=モテる服装」ではありません。
お洒落・ファッショナブルであることは突き詰めれば、エンターテインメントでありアートです。パリコレなどのショーで奇抜な衣装が話題になりますが、あれに対して「こんな服誰が着るんだ!普段着てたら変人だろ!」というのは、理解できない芸術に対して文句を言うようなもの。野暮だというものです。

加えて、シンプルな服装が好きな人もいれば、タイドアップに革靴スタイルが好きな人、海外セレブのようなラグジュアリーストリートが好きな人と、好みは千差万別で全員がお洒落だと思う服装をすることはまず不可能です。

服を好きだというのは、時間やお金のを使う穂先が「服」のただのオタクというわけですから。そもそも大勢が買わない想定で作られた服にわざわざ手を出した結果、周囲はお洒落と言ってお茶を濁す場合が往々に起こるわけです。

人からお洒落だと言われるには

前置きが長くなりましたが、「お洒落だね」と言われるには、体感として下記のことを意識すれば良いと思います。

  • 服の数はたくさん持ち、ジャンルの幅を広げ、着る服を被らせない。
  • デザインや色使いが目を引き、価格が想像より高いなと感じるアイテムを選ぶ。
  • 小物・アクセサリーもバリエーションを増やして身に着ける。
  • 経済的に余裕があれば、ハイブランドを取り入れていく。
  • 服の数を増やしジャンルの幅を広げたら、最低限チグハグにならないよう組み合わせる。

お洒落だと言われるためには、「足し算」でコーディネートを組むのが最短であると思います。極論、ハイブランドマネキン買いできたなら、もう相手にお洒落と言わせるしかない状況が作れるのでおすすめです。

もっと多くの人に服を好きになってほしい

f:id:tomonori_blog:20210115003235j:plain

前項で人からお洒落と言われる方法を解説しましたが、ここで全てを否定します。

他人からお洒落だと言われる必要など全く必要ありません。

そもそも今回のタイトルは「お洒落と言われる方法」であって、「お洒落になる方法」ではないのですから。
お洒落になる方法があれば、僕も教えていただきたいです。

モテるためなら、シンプルできれい目な格好が一番大衆にウケます。
それでも僕が服を好きで頻繁に買い物をするのは、ブランドやデザイナーごとのものづくりの考え方や歴史を知りたい、モノとして服が好きで好みのデザインや気に入った機能をもつ服に囲まれて暮らしたい、過去の歴史やカルチャーを服を通して紐解くことが面白いなどといった理由でしょうか。
女の子には申し訳ないですが、別のところで頑張るから着たい服を着させてください。

立場、環境、経済状況などは様々で、価値観もそれぞれ違う中で言えることはひとつ。

自分が着たい服を着てください。

そのうえで、服とかファッションとかブランドとか調べれば調べるほど奥が深くて面白いので、趣味としていかがですか?という提案でした!

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

 

【筆者のSNS
twitter
https://twitter.com/0809_tomonori
instagram
https://www.instagram.com/tomonori_0809/