どこにでもいる或る男の日常

”何者でもない、だから何者にでもなれる”

無職が予定のない一日を乗り切るためには

f:id:tomonori_blog:20210117003936j:plain

こんにちは。とものりと申します。

昨日のブログで、今日は充実した日にするぞと宣言をしました。
無職の日々を鬱にならずに乗り切るにはどうしたら良いか、今日一日を振り返って今感じていることを書いてみます。

予定のない日の過ごし方

まずは今日はどんなことを意識したか挙げていきます。

前日なるべく夜12時までに寝る、朝は6時を目標に早起きする

寝起きは悪かったものの、12時に寝れば6時半くらいにはなんとか起きれそうだということがわかりました。朝一度起きたら二度寝防止で、至急カーテンを開けて、水を飲み、顔を洗うようにしました。

日中は無理にでも予定をつくる

今日は特に予定のない一日だったため、無理やり予定を作りました。大したことない事でも、やり残していることを消化するイメージでしょうか。ちなみに今日は、外へ出るため、近所のスーパーをはしごして鬼滅缶を探し回っておりました。

SNS接触を一日4回に制限

SNSはやり始めるとキリがない、しかも見た後プラスの感情になることばかりではないという厄介者です。今は、卓球の全日本選手権の結果が気になりスマホを見てしまいますが、この回数も減らすに越したことはないかと思います。

一箇所に留まらないことを意識する

家族と食事をしたり、リビングで作業をしたりと自分の部屋にこもらないように心がけました。部屋にいる時も、掃除をしたり、窓を開けたり意識的に清潔な環境を作りました。

食後のご褒美タイムを設ける

好きなことにやっぱり時間を割きたい。僕の場合、音楽を聴きながら漫画を読んだ後、ビールを飲みながら録画した呪術廻戦とアメトーーク!を観て、夜の時間を過ごしていました。

これから取り組んでいきたいこと

休日としてはゆっくり休めた1日でしたが、今後改善していきたいことを検討します。

運動をする

体を動かさないと本当にまずい。25歳が筋肉量が最大になる年齢だという情報をどこかで見たのですが、大学生のときから10キロ以上増え筋肉のかけらもない体になってしまいました。なるべく食事制限をせず、ランニングと筋トレから始めていこうかと思います。夏までには最低限脱げる体にします。

仕事・自分の収入源を確立する

僕自身自覚しています、これが一番大事。

2週間ほどゆっくり過ごし、いろいろ考える時間や、先輩にアドバイスをいただくタイミングがありました。自分が何者なのか、何を目指すのかはっきり説明できるようにします。

まとめ

社会復帰のハードルって思ったよりも高いかもしれないと思う今日この頃。
一方で、もう何も失うものがないのも事実です。時間・貯金・人間関係等これまで培ってきた全てを使ってもう一度ジタバタしてみます。

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!


【筆者のSNS
twitter
https://twitter.com/0809_tomonori
instagram
https://www.instagram.com/tomonori_0809/