どこにでもいる或る男の日常

”何者でもない、だから何者にでもなれる”

24歳成人男性『PUI PUI モルカー』を観る

f:id:tomonori_blog:20210225170353j:plain

こんにちは。とものりと申します。

皆さん、巷で話題のアニメ『PUI PUI モルカー』は既にご覧になったでしょうか。
今回は、この作品が話題になっていることを聞きつけ5話あたりから沼にはまりつつある僕が、本作の魅力について少し話していこうと思います。

作品概要

molcar-anime.com

本作の監督・見里朝希氏が、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』のシンエイ動画とタッグを組んで手掛けるのが『PUI PUI モルカー』。2021年1月5日よりテレビ東京系「きんだーてれび」にて放送されるや、SNSを中心に一挙に拡散され、見逃し配信は200万回以上再生されるほどの人気作品となっています。その人気は海を超え、台湾でも“週32回”放送されるなど、社会現象まで巻き起こしています。

舞台はモルモットが車になった世界。羊毛フェルトで作られたモルカー達がプイプイ鳴きながら走る姿に多くの人が癒されたことでしょう。プイプイの鳴き声も本物のモルモットが担当しているそうです。

24歳成人男性の感想

モルカーめちゃくちゃかわいい!

まずこれに尽きます。モフモフたちがプイプイ言いながら走るんですよ。
TVやSNSでも動物の投稿を観て癒されるなんて人も多いと思いますが、その感覚に近いと思いました。

実際にアニメを観たあと、YouTubeでモルモットの動画を探したのですが、本当にプイプイ鳴いておりました。鳴き声を知らなかったので、これには驚きました。

また、本作の特徴でもある1話が2分40秒の短尺であるということも魅力のひとつです。ステイホームの影響で、大量の動画コンテンツが消費されますが、2時間の映画でもなく、24話の連続アニメでもなく、手軽に読み切りの短編で癒しを得られるコンテンツとして1つ新しい価値提供できたのではと思います。

もともと子供向けのコーナーということもあり、誰でも気軽に観やすく、短尺で記憶にもしっかり残る内容だと思います。SNSとマッチしてとんでもないヒットになっていますが、犬・猫動画の対抗馬としてモルカーもありかなと。

まとめ

既に、モルカーに付随してモルモットや羊毛フェルト市場も加熱しているように感じます。バズマーケティングとは恐ろしいものですね。とはいえ、僕みたいなミーハーは簡単に釣られてしまうのですが。

さて、ここまでいろいろ言ってきましたが、エンタメに難しい解釈は不要です!
モルカーが可愛い、それで充分ではありませんか。

コロナで悶々とした日々が続きますが、ちょっとした時間にモルカーたちのドタバタ劇を観て癒されましょう。日々の仕事に追われる大人も、ほっこりすること間違いなしです。

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

 

【筆者のSNS】よろしければ覗いてみてください!
twitter
https://twitter.com/0809_tomonori
instagram
https://www.instagram.com/tomonori_0809/