どこにでもいる或る男の日常

”何者でもない、だから何者にでもなれる”

生きることって思っているより難しい(中編)

f:id:tomonori_blog:20210222200059j:plain

こんにちは。とものりと申します。

今回の記事は中編になっているので、まだ読まれていない方は下記の前編からどうぞ。

tomonori-blog.hatenablog.com

周りの方の話(不登校・休職など)

前項で、学生時代は真っ当に生きていましたと言いましたが、思い返してみれば、学生の頃から周りでメンタルが疲れてしまった友達も大勢いました。

・中学時代一緒に登校していたが、不登校になり部活にだけ来ていたS君
・高校1年の最初にできた友達で、不登校になり転校してしまったS君
・高校、大学と同じ学校に通っており、就職後体を壊し通院、休職中のEさん
・グループ会社の同期で社会人になって一番遊んだが、研修期間終了と同時に退職したK君
・同じ大学出身の同期で、入社後1年で職場環境が合わずに退職したT君
・営業で心身共に疲れてしまい、長期休職中の同期K君

彼らの中でも、それきりだったり、今でも連絡を取っていたりはまちまちです。
確かに、皆メンタルが強い方ではなかったと思いますが、良き友人であったことは変わりないです。

僕のほんの24年の人生で、これだけの身近な人が心を痛めているという事実があります。彼らの力になれなかったことは本当に悔やまれますが、各々の場所で再び輝いていてくれることを祈っています。

ここで言いたいことは、生きていくことって本当に難しいし、それができてることはとても尊いことだと思うのです。

社会や政治は関係ありません。どんな時代・環境・立場でも困難はあるし、理不尽なことばかり起きるのが現実です。そんな世の中で、何を成したかではなく、懸命に生きていること自体が素晴らしいことだと思いませんか?

これから

さて、少し重い内容になってしまいましたが、ここで個人的なことを少々。
僕は、心療内科にかかったこともなければ、不登校になったことも、休職した経験もありません。

理由は、なんか嫌だからというだけです。
自分をそういう環境に置くことで得するタイミングはないと考えたし、ブログでグチグチ言っているだけで今はなんとかなるような状況だと思っているからです。
入社1年目の新卒なんて、心療内科に行けば8割くらいは診断書もらえると思っています。そのくらい社会は辛い戦場だと思う。

 

(後編へ続く↓)

tomonori-blog.hatenablog.com

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

 

【筆者のSNS
twitter
https://twitter.com/0809_tomonori
instagram
https://www.instagram.com/tomonori_0809/